森田千晶個展 【 黒 と 城 】 扇子作品 / ぎゃらりーマドベ 

昨日より ぎゃらりーマドベ にて始まりました

森田千晶個展  【 黒 と 城 】

和紙の扇子作品のご紹介です

今回の展示作品のなかで
沢山の皆さまの
関心の的のひとつです。
前回の展示の扇子作品をご覧になっていたお客様が
お目当てでご来場くださったり お問い合わせも頂きました
a0251920_15594482.gif

a0251920_1603855.gif

京都、扇子の老舗
宮脇賣扇庵さんによる
手仕事で仕上げられております。
創業文政6年、向田邦子さんも生前に御用達だったそうです。

森田千晶さんのレース和紙が
宮脇賣扇庵さんの職人さんによる
手仕事により扇子としてして仕立て上がります
扇子は87回職人の手を通るといわれているそうです。
木の皮から繊維を取り出して一枚一枚を森田さんにより漉かれた和紙が
京都の老舗の技により 素敵な扇子となりました。

暑さをしのぐための便利な道具でたもある扇子ですが、
様々なデザインが出回る中、なかなかお気に入りの一本に出会えないアイテムでもあります。
a0251920_1653388.gif

ご自分の為の一本に出会えるお客様はとても嬉しそうです。
これから夏毎に大切に手に取り 優雅に和紙の扇子であおいでみたいものですね。
手漉き和紙のレース模様 京都の老舗の扇子職人の手仕事の扇子たち
a0251920_166172.gif

お気に入りが見つかります様に・・・
気になるお値段は1万円前後と なります。
今年の夏も これから先の夏にも どうぞ。
a0251920_166191.gif


昨日は初日にて 森田千晶さん在廊でした
全体の割合で考えると扇子はほんの少しです
圧倒されるような和紙作品をどうぞご覧ください。
事前にお申し込みも頂き 今回の展示の取材も頂きました 有難いです
沢山の皆様に 素晴らしい和紙の世界をご覧いただけます様に
a0251920_1616263.gif

by chidori_chidori | 2014-07-17 16:28 | ぎゃらりーマドベ


「ちどり」と云う店名は 波千鳥という古来からの縁起絵にちなみました。


by chidori_chidori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

はじめまして。
ちどりのごはん。
ちどりでおちゃを。
ちどりべーぐる。
けーたりんぐ・お弁当・お節
さっか+さくひん
花ちどり
ちどり売店ヨリ
ぎゃらりーマドベ
ちどり なか+そと。
店内いべんと。
空ちどり
店外いべんと。
つうしん売店
あのひと。このひと。
おーぷんまでのこと。
めでぃあ。
ちどり あれこれ。
ちどり陶芸部
休業日のお知らせ

メモ帳

---------------

ちどりのHP

Face Book

---------------
定休日= 月+火曜日
---------------
昼飯時間 
11:00--14:30
お茶時間 
14:30--17:00
夜飯時間 
17:00--21:00
終了時間22:00
---------------
〒312-0052
茨城県ひたちなか市
東石川2897-1
TEL029-273-1178
---------------

ちどりにメール


---------------

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧