カテゴリ:ぎゃらりーマドベ( 168 )

『小さな冬の白いモノタチ』10日間の展示が終了しました。/ぎゃらりーマドベ

『小さな冬の白いモノタチ』
11/2(水)-11/14(日)
11:00-17:00
会期中休廊:11/7(月)8(火)
白にまつわるモノ、
白と隣合わせの色たち…
5人の作家たちの表現する、
冬の入り口の数日間。
-----
10日間の展示が終了しました。
小さく冬が訪れ始める季節の入り口に、5人の作家の展示が始まりました。
陶器、布、刺繍、ミシン刺繍、絵。
白、冷たくなってきた空気のような色、灰色の冬の曇り空や、
落葉の始まった木々の幹の様なチャコールグレーなど、
冬と共にある、隣合わせの色達。それぞれの作家の皆さんが
沢山の小さな冬の色を表現下さいました。
初日にマドベに降り立った小さな冬は最終日になる頃には
本格的な冬となりすっかり冷んやりとした空気になっていました。
5人の作家の皆さま、この冬の為に素敵な作品をありがとうございました。
ご来場下さいました沢山の皆さまに感謝いたします。
ありがとうございました。
a0251920_1145283.jpg

-----
参加作家名(アルファベッド順)
阿部 慎太朗 陶芸 茨城県笠間市
Nutel ミシン刺繍 神奈川県
STYLE OF ILE 手芸 山梨県
takanori masutani 絵 東京
yanase rei 刺繍 東京


・・・・・・・・・明日からの展示・・・・・・・・・・・

『近藤 文展』
11/16(水)~11/27(日)
11:00-17:00
会期中休廊:11/21(月)22(火)
作家在廊日:11/16(水)19(土)



ぎゃらりーマドベの本店、
豆乳とおからと豆腐のカフェ ちどり の飴色の大皿で
お世話になっている作家 笠間焼の近藤 文さん。
代表的な作品であるイッチンを施した唐草や花模様の他に
スリップウェアや鉄の作家 新田真紀さんとの人気アイテムの飴色と
鉄のティースタンドも登場いたします。
近藤 文さんの多彩な世界、ぜひお楽しみください。
a0251920_14444985.jpg

by chidori_chidori | 2016-11-15 14:47 | ぎゃらりーマドベ

cinq-ワタシタチノツクルモノ 終了しました/ぎゃらりーマドベ

cinq-
ワタシタチノツクルモノ
2016 10/26(水)-10/30(日)
11:00-17:00

5日間の展示が終了しました。
日々、仕事を持ちながら作品を作り、
展示の為に気持ちも時間も傾けて下さった
素敵な5人の女性達の色濃い展示でした。
それぞれの女性達の大切に積み重ねてきた
濃縮された時間達がマドベを通過した5日間、
沢山の皆さんがいつもの作家達の見慣れた横顔以外の
もう片方の横顔を探しに来て下さいました。
作家達の新しい何かを更に発見し、
手に取って…作品、ご本人のこれまでのお話しに
花が咲きました。…
会期が終了してそれぞれの日常へと戻りながら
また創作の日々や作品の妄想へと時間が流れ始めます。
今回の展示を通過した後の、
5人の女性の作品や月日の積み重ねを拝見することが
出来る日が来る…であろう事が、今からとても楽しみです。
…きっとまた、いつか。
作家の皆様、素晴らしい作品達をマドベへと
ご縁頂き有難うございました。
ご来場下さいました沢山の皆様、心より有難うございました。

a0251920_12565651.jpg

a0251920_1375447.jpg


----
参加作家(50音順)
小林恵理(手芸、ファッション小物)
小林弘美(写真)
小山京子(LitenLycka/雑貨、生活用品)
鈴木美紀(BAKESHOP LOTERIE/お菓子)
吉田彩(MINERVA/写真)








・・・・・・・・・明日からの展示・・・・・・・・・・・

『小さな冬の白いモノタチ』
11/2(水)-11/13(日)
11:00-17:00
会期中休廊 11/7(月)8(火)

白にまつわるモノ、
白と隣合わせの色たち…
5人の作家たちの表現する、
冬の入り口の数日間。

a0251920_13105151.jpg

参加作家名(アルファベッド順)
阿部 慎太朗 陶芸 茨城県笠間市
Nutel ミシン刺繍 神奈川県
STYLE OF ILE 手芸 山梨県
takanori masutani 絵 東京
yanase rei 刺繍 東京
by chidori_chidori | 2016-11-01 13:12 | ぎゃらりーマドベ

「Waltz 」終了しました。/ぎゃらりーマドベ

Waltz
2016 10/12(水)-23(日)
11:00-17:00
----
ガラス、布、陶器の3人展が終了しました。
3人での展示は数回目という息のあった楽しい空間となりました。
中村かりんさんの繊細で精巧な陶器は洋のようであり
どこか着物の絵柄を思い出すようなシットリとした
懐かしさも秘めていました、
土井朋子さんのガラスにはいつも隣にお伽の国の入口があり
透明なガラスの作り出す不思議な世界感に引き込まれました。
Doddyさんの小物たちのDoddyさんならではの絶妙な佇まいが
今回 封印したはずの鳥たちをちゃんと連想させていたりと…
三人三様の世界にありながらご本人同士も作品同士も
顔を見合わせてニコリ…と笑顔を交わしているような和やかさが
マドベに存在していました。
今回は即日お持ち帰り可能な展示でしたので
2週目には大分作品が少なくなっていたのですが、
それぞれの世界感をお楽しみ頂けたようで良かったです。
作家の皆さま3人展に素敵な作品達をありがとうございました。
沢山のご来場者に感謝致します。
ありがとうございました。

a0251920_10511851.jpg

a0251920_10515026.jpg

a0251920_10521422.jpg

a0251920_10523177.jpg

中村かりん 陶 栃木県益子町
土井朋子 ガラス 茨城県つくば市
Doddy 布 栃木県宇都宮市




・・・・・・・・・明日からの展示・・・・・・・・・・・・・

-cinq-
ワタシタチノツクルモノ
2016 10/26(水)-10/30(日)
11:00-17:00

参加作家(50音順)
小林恵理(手芸、ファッション小物)
小林弘美(写真)
小山京子(LitenLycka/雑貨、生活用品)
鈴木美紀(BAKESHOP LOTERIE/お菓子)
吉田彩(MINERVA/写真)

*詳細はこちらをご覧ください。

a0251920_1056119.jpg

by chidori_chidori | 2016-10-25 13:37 | ぎゃらりーマドベ

-cinq-ワタシタチノツクルモノ  2016 10/26(水)-10/30(日)/ぎゃらりーマドベ

-cinq-
ワタシタチノツクルモノ
2016 10/26(水)-10/30(日)
11:00-17:00

参加作家(50音順)
小林恵理(手芸、ファッション小物)
小林弘美(写真)
小山京子(LitenLycka/雑貨、生活用品)
鈴木美紀(BAKESHOP LOTERIE/お菓子)
吉田彩(MINERVA/写真)

ぎゃらりーマドベにご縁頂いております5人の女性たち
それぞれに多彩で素敵なみなさんです。

それぞれに今を生きて
それぞれに輝いています
色々なお話をお伺いする中で
側面を見せていただく時、
目の前にいらっしゃるみなさんの素敵の秘密を垣間見る…
そんな瞬間が何度かありました
ますますその多彩さに興味を持った私は
マドベにてもう一人の自分を見せて頂けませんか?
…とそんな風にお話をして実現した展示です。

5人の女性たちの個性がマドベに降り立ちます。
しなやかで はなやかで やさしげ。

ワタシタチノツクルモノ

手芸  写真  生活雑貨  お菓子

ぜひ、お楽しみに。
------------------
DMの写真について
5人の女性の自分らしさの表現は
やはりご本人たちそのものに辿り付いた写真です
それぞれに関連した道具を持っています
ホイッパー、カメラ、革財布、ニット帽
一人多いのですがマドベのくろさわも
後ろで見守り役として加えてくださいました。
a0251920_12571493.jpg

撮影協力:カメラマン:大橋祐太さん
by chidori_chidori | 2016-10-14 10:40 | ぎゃらりーマドベ

waltz 三人の作家による素敵な秋の三拍子・・・作家の自己紹介

waltz
三人の作家による素敵な秋の三拍子
10/12(水)-10/23(日)
会期中休廊10/17(月)18(火)
------
walts作家の自己紹介
------
□作家名
土井 朋子 : 茨城県つくば市在住

□作品素材
ガラス (+リボン、紐、レース)
a0251920_1024290.jpg

□waltzでの制作作品について…
ガラスという素材を媒体にして、
物語や森、お菓子などをモチーフに
カタマリガラスのオブジェ、うつわを中心に制作しています。
今回は、ヨーロッパを旅しながら制作したアクセサリーと、
暮らしにぽっと光を添えられるようなルームアクセサリーとしての
作品を展示致します。

□ワタシについて
1996年 武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン科陶磁コース卒業
1999年 東京ガラス工芸研究所基礎科卒業
1999年 atelier朋・kiln work glass studioを構えガラス制作開始

個展を中心に活動のほか、ワークショップ講師、
デモンストレーションやレクチャー等、国内外で活動中。
ヤン・ファン・デル・トフト美術館(オランダ)、
ゲント・デザイン美術館Dr. Dirk Schrivers's コレクション(ベルギー)に作品収蔵。
著書に「ガラスの絵つけを楽しもう」(ほるぷ出版)


・・・・・・・・・・・・・・・


□作家名
中村かりん

□作品素材

a0251920_10225189.jpg

□waltzでの制作作品について…
陶製の壁飾りや、女の子や生き物がつまみの蓋物、
髪留めを中心にアクセサリーを展示します。

イッチンという技法で、スポイトに溶いた粘土を入れて、
絞り出してひとつひとつ柄を描いています。

お部屋にあるだけで、身につけるだけで、
楽しく嬉しくなる様なものを目指して制作しました。

□ワタシについて
2008年 栃木県窯業技術支援センター入所
2010年 同所釉薬科修了
栃木県益子町にて独立



・・・・・・・・・・・・・・


□作家名
Doddy : 栃木県宇都宮市在住

□作品素材
布 革 プラスチック
a0251920_10203529.jpg

□waltzでの制作作品について…
普段は主に動物を布で制作しています。
いつもの作品が小さくなったようなアクセサリーのほか、
今回は少しシックで大人っぽいものにもチャレンジしました。
□ワタシについて
グラフィックデザイナーを経て
2006年より制作活動開始。
栃木 茨城 東京にて個展。
他グループ展多数。
by chidori_chidori | 2016-10-05 15:31 | ぎゃらりーマドベ

「Hayseed on 8’展 with GOURD--orijin--キャンプについて」8日間の展示が終了しました。。

Hayseed on 8’展 with GOURD
--orijin--
キャンプについて。
9/21(水)-9/30(金)
-------
a0251920_11404150.jpg

8日間の展示が終了しました。
約7年前に活動を始めた3人の原点を
見つめ直す展示となった--orijin--
共通の趣味であるキャンプを題材にしながら
今までの活動の振り返りや、通過してきた時間にも製作しながら
出会い直す時間だったとお話をして下さいました。
原点に戻ってまた再び…
これから先の時間の中から生まれてくる何か…
さらにその先の時間も楽しみでなりません。
またいつか今回の展示の続きとひと時を…。
沢山の作品をありがとうございました。
ご来場下さいました皆様、本当に感謝申し上げます。
a0251920_11511725.jpg

a0251920_11513896.jpg

a0251920_1152392.jpg

□Hayseed :浅岡明美
布モノ、犬服、木工
□8’:中村貴子
麻ヒモ、革、
□GOURD:仙波洋子
テーマに合う雑貨。




・・・・・・・10/1(土)からの展示・・・・・・・・

はきもの工房うえの
2016年 秋 展示・受注会
10/1(土)--10/10(月)
会期中休廊 10/3(月)4(火)
-------
岡山の靴職人
上野一雄さんによる
注文制作の靴です
足型をとり
靴底一枚から
足型に合わせてお作りしています

靴は身体と心に作用する
耐久消費財であると考えています
大切な暮らしと足に沿う靴を
つくります

a0251920_1224612.jpg

by chidori_chidori | 2016-10-04 11:59 | ぎゃらりーマドベ

はきもの工房うえの2016年 秋 展示・受注会/ぎゃらりーマドベ

10/1(土)--10/10(月)
はきもの工房うえの
2016年 秋 展示・受注会
会期中休廊 10/3(月)4(火)

岡山の靴職人
上野一雄さんによる
注文制作の靴です
足型をとり
靴底一枚から
足型に合わせてお作りしています

靴は身体と心に作用する
耐久消費財であると考えています
大切な暮らしと足に沿う靴を
つくります
a0251920_1275591.jpg


※今回のDMは作家の意向により
枚数が少なく店内のみの手配りで終了しました
---------------------
はきもの工房うえの

昨年に続き2回目の受注会です。
昨年ご注文頂きました皆様、大変にお待たせ致しました。
ご注文から約1年、受け取りの日がまいりました。
丁度、1年前に足型の採寸をして自分だけの木型が作られ、
靴底用の革も自分様に切り抜き貼り合わせ縫い上げられて
大切に作られた靴たちが、皆様のお手元にやって参ります。
靴職人の上野一雄さんがお一人、お一人に手渡しをしながら勿論、
実際に履いてみて足に合っているだろうか…を確認下さいます。
胸が高鳴るお渡しの時間となりそうです。

今年の展示期間も靴職人 上野一雄さんは 毎日在廊下さいます
採寸をさせて頂くためです
やはりご注文のお渡しは 実は1年後となります。
注文がとても込みあっていることと
全てが一人の手作業のためです
上野さんは岡山県で小さな女の子二人と奥さんの4人暮らしです。
半農半靴の生活をされています。
奥さんの もえさんは草木染めの作家さんです、
上野さんの靴には草木染めを施したとても自然な色の作品があり、
もえさんが手掛けた革です。
カチッとした定番のカタチから
上野さんと云えばモカシンやブーツが思い浮かぶほどの
センス溢れるデザインにファンが多く、魅力される方が多いです。

沢山の靴がやって来ます。

マドベで在廊しながら既に注文を頂いた靴を手縫いされているはず、
そんな様子も是非、ご覧頂くのも今回の展示の醍醐味と思います。

ご来場をお待ちしております。
by chidori_chidori | 2016-09-29 15:05 | ぎゃらりーマドベ

Hayseed on 8’展 with GOURD --orijin-- キャンプについて  作家さん紹介

Hayseed on 8’展 with GOURD
--orijin--
キャンプについて。
9/21(水)-9/30(金)
11:00-17:00
会期中休廊:9/26(月)27(火)


【作家さんによる自己紹介】

□Hayseed:浅岡明美
   2007年よりイベントを中心に活動を開始する
  ■2007年 錆と多肉の組み合わせな作品を展開。
         後に粘土と錆を組み合わせた器や雑貨を作成し始める。
  ■2009-2011年 笠間市にあったsovasovaさんのドラム缶の植え込みを手掛ける
             その後、震災を境に物作りから遠ざかる。
  ■2012年 迎え入れた愛犬へ洋服を。。が始まりで犬服を展開 布作品作りが始まる
        初期活動の錆たトタンを組み合わせていた活動と、
        布の端切れを組み合わせる自由なコラージュはどこか共通点がありました。
  ■現在は粘土と主に犬服の制作活動をしております。
a0251920_11272577.jpg


   そして今回の展示にて久しぶりにHayseedの木工担当も動き始まりました。
活動の一環でユニット名『A➕zucco』も存在します。
デザインはファッション誌やインテリア誌で活動経験豊富なもある田中和恵(かずん)さん、制作は私。
色々な事や人と関わりを持って、今があり、
原点(orijin)を遡るとそこにはやはり仲間の存在があり
今回の展示に仲間たちを誘いました。
◆8’(中村貴子)さん
◆真岡市で今はお店を展開しているGOURDさん

原点を感じながら噛み締めながらの3人展となりました。
それぞれがワクワクしていれば自分も??スイッチが入る。
そんな良き仲間で居続けたいとの思いで??をつけさせて頂きました。

そしてここ数年の大きな経験であるキャンプにより
溢れた物から解放されて新しい価値観が自分に芽生えました。
生きて行くために本来何が必要なのか?
そんな思いからも原点を感じ始めた気持ちも合わせて
サブタイトルのorijin(原点)
そして物作りのorijin(原点)
とつけさせて頂きました。
今回の展示のテーマはキャンプ
カッコ良いサイト作り
3人のアイディアで提案出来たらと思っております。




□ 8’ : 中村貴子
 麻ひもに革をプラスしたオリジナルな鞄や小物の作成。
 主人の手がける木工と共に展示会、イベント等に参加。
 数年間、物作りから離れ休止状態でしたが、
 もともと私の活動の始まりのきっかけを頂いた
 Hayseed さんがお声かけ下さり今回も、再度スイッチを押して頂だいて
 新たな一歩を踏み出すことになりました。
 びわ市や委託でお世話になった真岡市のお店
 GOURD+m のGOURDさん のお力もお借りします。
 みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
a0251920_11561291.jpg






□GOURD+m:仙波洋子
 真岡市門前の路地裏にある雑貨店の仙波洋子です。
 ものづくりの際は、
 GOURDという名で古材や鉄・革を使った作品を展開、
 企画展やイベントに参加しておりました。

 今回は、イベント活動をしていた頃からの仲間、hayseedさん、8'さんに
 お声をかけていただきテーマに合う雑貨を展示致します。
 テーマのキャンプそして三人のswitch三人のorijinが
 繰り出す世界観を見ていただければと思います。
http://gourd-zakka.com/
a0251920_1157403.jpg

by chidori_chidori | 2016-09-21 12:05 | ぎゃらりーマドベ

bricoleur 鈴木りんいち個展(協力:本田あつみ) 11日間の展示が終了しました。/ぎゃらりーマドベ

bricoleur
鈴木りんいち個展
(協力:本田あつみ)
------
会期9/7(水)-19(日)

11日間の展示が終了しました。

マドベの空間が、美術家の鈴木りんいちさん、
と陶芸家の本田あつみさんの世界に染まりました。
a0251920_111077.jpg

錆びて朽ちたモノが息を吹き返し作品となりまた
新しい時間を刻み始め、照明、什器家具になりその寸法を
絶妙におさめられて存在し、次の生活へと旅立ち、
新しく土から生まれてきた陶彫の作品たちは真っ直ぐに前を向いたり
物憂げに項垂れたりしながら深い時間を作っていました。
本田あつみさんの陶器に型押しされた古いレースも
昔むかしの手仕事で編まれた繊細な一枚が時を超えて
器のデザインとして沢山のお客様の元へと渡って行きました。
受継ぎ方も作家の感性により更にドラマチックだと感じました。
a0251920_1133982.jpg

それぞれの作品携えてきた色々な時間が
交錯した不思議な11日間が終わりました。
沢山の作品をありがとうございました。
ご来場下さいました皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。


・・・・・・・・・本日からの展示・・・・・・・・・・

いよいよ本日9/21(水)より。
Hayseed on 8’展 with GOURD
--orijin--
キャンプについて。

a0251920_1181542.jpg

-------
Hayseed の名前で2007年位から
イベントを中心に活動をされている浅岡明美さん、
彼女の見つめる物や作るモノは、
その時々の自分の気持ちや生活スタイルで変化しつつ、
いつもさらに自分らしい表現で自分の今を等身大で歩いてゆきます。

初期活動の多肉植物と錆びたモノとのマッチングから始まり、
オーブン粘土による小さな作品、
愛犬の為に始めた犬の服作りの見事さ等、時は移り、
キャンプに魅力されてキャンプに関する雑誌にも登場して
今までの色々な経験やしつらいを生かした設営等で
読者の方を魅力しています。

今回はそんな浅岡さんに展示をお願いしました。

浅岡さんが自分で見つけた答えは
orijin(原点)でした。
活動の原点には仲間がいて
変わらず原点を忘れずにいたい
今、最大の楽しみにでもあるキャンプで得たもの、
それは生活の原点、生活の中で本当に必要なモノってなんだろう…。
そんな想いも合わせたサブタイトルだそうです。

今回の展示は初期からの仲間達との気持ちの原点に戻る展示、
キャンプをテーマにしました。
□Hayseed :浅岡明美
布モノ、犬服、木工
□8’展 :中村貴子
麻ヒモ、革、
□GOURD:仙波洋子
テーマに合う雑貨。

3人による展示です。
展示のテーマはキャンプ!
どんな展示になるのかどうぞお楽しみに!
by chidori_chidori | 2016-09-21 11:09 | ぎゃらりーマドベ

ヒトトキ ー人と木ー8人の木工作家による10日間の展示が終了いたしました。/ぎゃらりーマドベ

ヒトトキ ー人と木ー
会期:8/24(水)-9/4(日)
----
8人の木工作家による10日間の展示が終了いたしました。
a0251920_1182779.jpg

a0251920_11104113.jpg

今回、清水将勇さんのお声かけによりマドベにて贅沢な展示が実現致しました。
カッティングボードを中心としたテーブル周りの作品たち。
同じ材料を利用している作品もありましたが8人8様に
見事なまでに全く別々の道具として存在してそれぞれの作家の雰囲気を
纏いながらマドベに存在した10日間でした。
何行程も手をかけて、幾度も幾度も作家の手の中で
磨かれてきた作品たちは出会を受けてどこかの家の食卓で
次の時間を過ごし家族の食卓を見守る存在へとなって
行く前の時間をマドベで過ごしてくれました。
もともとは地球から芽を出して、地球に根を張り時間を
年輪に蓄えてきた存在…小さなバターナイフもその時間の梢であり、
年輪そのままのカッティングボードはその太さも年輪も地球に根を張っていた
時間なのだとしみじみと感じる贅沢であり有難い10日間でした。
8人の作家の皆様の手仕事に敬意と感謝を申し上げます。
ご来場頂きました皆様にも感謝申し上げます。
ありがとうございました。

参加作家(50音順)
小田島久則
コウノストモヤ
清水将勇
須知大
中塚英司
古川潤
松井久美
森俊宏


・・・・・・・・・・・・・・本日からの展示・・・・・・・・・・・・・・・・

bricoleur
鈴木りんいち個展
(協力:本田あつみ)
------
会期9/7(水)-19(日)
11:00-17:00
会期中休廊 9/12(月)13(火)
------
本日初日。
鈴木りんいちさん
在廊されます。
ぜひ、ご来場をお待ちしております。

a0251920_10271883.jpg

by chidori_chidori | 2016-09-07 10:27 | ぎゃらりーマドベ


「ちどり」と云う店名は 波千鳥という古来からの縁起絵にちなみました。


by chidori_chidori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

はじめまして。
ちどりのごはん。
ちどりでおちゃを。
ちどりべーぐる。
けーたりんぐ・お弁当・お節
さっか+さくひん
花ちどり
ちどり売店ヨリ
ぎゃらりーマドベ
ちどり なか+そと。
店内いべんと。
空ちどり
店外いべんと。
つうしん売店
あのひと。このひと。
おーぷんまでのこと。
めでぃあ。
ちどり あれこれ。
ちどり陶芸部
休業日のお知らせ

メモ帳

---------------

ちどりのHP

Face Book

---------------
定休日= 月+火曜日
---------------
昼飯時間 
11:00--14:30
お茶時間 
14:30--17:00
夜飯時間 
17:00--21:00
終了時間22:00
---------------
〒312-0052
茨城県ひたちなか市
東石川2897-1
TEL029-273-1178
---------------

ちどりにメール


---------------

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧